管理人のフェイスブック

友達リクエスト受付中。facebookにログインしてお入りください。


スポンサードリンク

カウンター

-- 494885 --

小兵衛

「小兵衛」は大里郡寄居町にあります。寄居警察署の近くです。
 

「小兵衛(こへえ)」
〒369-1202 埼玉県大里郡寄居町大字桜沢716
℡ 048-586-0100
 
定休日 日曜日
営業時間 11:30~14:00
       17:00~22:00
席数 30席 (カウンター、座敷2卓、テーブル3卓)
駐車場 10台程度
 
   地図
   グーグルマップで見る

 以前は和食中心のお店だったようですが、今は蕎麦がメインのお店になったようです。
お店の屋根下の壁の文字も「和創食房小兵衛」だったのが、ただ「小兵衛」になったようです。
 店内は和風でゴテゴテしていなくて、明るく清潔感があります。好感のもてるお店です。
 
 私が食べるのはもちろんもり蕎麦の大盛り。ここではただ「ざる」となっています。ざると言っても海苔はついていません。
 麺はやや太め。と言っても時々ある田舎蕎麦のあの太さではありません。やや太めですから、気になるほどではありません。水はしっかり切ってありますので水っぽさもありません。水切れの悪い蕎麦は口に入れた時水の味しかしませんので、しっかり水が切れているのは良い蕎麦の条件だと思います。
 麺だけを啜ってみます。香りは何時ものように私にはよくわかりません。硬めの麺を噛んでみます。この瞬間が一番良かった。蕎麦のほんのりとした甘みが口の中に広がりました。
これだけでも美味しいお蕎麦と言えるでしょう。石臼挽き自家製粉と看板にありましたが、そのなせるわざでしょう。
 汁は癖のないやや濃いめでしょうか。蕎麦湯まで美味しくいただきました。
 「ざる」が700円。大盛りで900円とコストパフォーマンスもいい方でしょう。
近場に美味しいお蕎麦屋さんを見つけられてよかったです。気軽に行けそうです。

 余談ですが、「小兵衛」という名前は池波正太郎の小説「剣客商売」の主役「秋山小兵衛(あきやま こへえ)」からとっているそうです。

 
以下の写真はサムネールです。クリックすると大きな画像が見られます。
 
外観

 
入口(ガラスに写している本人が写っている。ご勘弁を。)

 
「ざる」大盛り

 
「ざる」大盛りのアップ

 
メニュー1

 
メニュー2

 
メニュー3

 
店内

 
石臼と打ち台

 
小兵衛の名の由来 店内に飾ってありました

 
254号と140号が別れる三叉路にある看板