管理人のフェイスブック

友達リクエスト受付中。facebookにログインしてお入りください。


スポンサードリンク

カウンター

-- 505250 --

手打十割そば 八丁

 比企郡吉見町にある「手打十割そば 八丁」は市街地から少しずれた住宅地にあります。
 

「手打十割そば 八丁」
埼玉県 吉見町 北吉見1465-4
TEL 0493-54-8878
 
営業時間  11:00~14:00 17:00~20:00
     (売り切れ次第終了になります)
 
定休日 月曜日
 
駐車場 P15台

   地図
   グーグルマップで見る

 小雨の降る中を出かけました。
 店構えは蕎麦屋風とは言えません、入口も狭く、これでお蕎麦大丈夫だろうかと感じてしまいました。失礼。
 中に入ると一変。小ぎれいで、席の数の割には結構広く感じます。
 
 ここは十割蕎麦です。もちろんただの「十割そば」を頼みます。
 まず出てきたのが広めにカットした蕎麦の素揚げ。これが面白かった。一見カリカリの食感かと思いきや、濡れ煎餅のように柔らかくもっちりとしていました。初めての食感でした。美味しくいただきました。
 出てきた「十割そば」は粋な陶器の皿に盛られていました。見た目も感じのいい盛りつけです。この皿はツルツルでは無いので、少し水分を吸ってくれるようです。皿に水気が貯まらない工夫があるようです。肝心のお蕎麦は、新蕎麦だからでしょうか、少し緑がかった、いかにも蕎麦という色をしていました。
 蕎麦だけを啜ってみます。よい食感です。硬くはありませんが、腰はしっかりあります。かすかに蕎麦独特のざらつきも素敵です。さすが十割の蕎麦です。大正解でした。
 汁はやや甘めで濃くはありません。少しつけすぎても大丈夫。でも、お蕎麦が美味しいのであまりつけづに啜る事をお勧めします。
 最後に蕎麦湯と「小豆と蕎麦入りのゼリー」のぜんざいアイスのデザートが出ました。蕎麦湯は濃いもので、これまた飲みごたえがあるものでした。ただ、私としてはアイスのデザートはいらなかったかなと思いました。最後は蕎麦湯で絞めて、蕎麦の余韻を何時までも味わっていたかった。デザートがアイスで甘いので、蕎麦の余韻が消えてしまいました。ちょっと残念。
 
 席はカウンターに7人。小上がりの座卓テーブル3卓に16人。奥に座敷があるようで、合計40人ほど入れるようです。

 
以下の写真はサムネールです。クリックすると大きな画像が見られます。
 
カウンター席

 
小上がりの座卓席

 
蕎麦の素揚げ

 
十割蕎麦

 
十割蕎麦アップ

 
メニュー

 
「小豆と蕎麦入りのゼリー」のぜんざいアイス

 
入口

 
店構え。左に駐車場