管理人のフェイスブック

友達リクエスト受付中。facebookにログインしてお入りください。


スポンサードリンク

カウンター

-- 505595 --

加那や

 「加那や」は熊谷市の北部郊外の熊谷スポーツ文化公園の近くにあるお蕎麦屋さんです。
 

「蕎麦料理 加那や」
〒360-0004 埼玉県熊谷市上川上612
℡ 048-523-9358‎
 
定休日 毎週 月曜日 第一火曜日・第三火曜日
営業時間 昼/午前11時半~午後2時
       夜/午後5時~午後7時半
 
ホームページ
http://happytown.orahoo.com/kanaya/
 
   地図
   グーグルマップで見る

 

 以前より気になっていたお蕎麦屋さん「加那や」。熊谷の美味しいお蕎麦屋さんの話題が出ると必ず出てくる所です。なので、ちょっと勿体ぶって後回しにしていました。会員の出席人数の多く集まる時に行こうと思っていたからです。今回、発足当時のベストメンバー+1が集まれるという事で、ついに「加那や」さんに出かけました。
 
 ちょっと判りずらい所にありました。適当に行ったら一度道に迷ってしまいました。事前にちゃんと調べていきましょう。しかも駐車場が狭い。これでは遠くから車で来た人が入れない可能性があります。もったいないと思いました。
 今回は8人の大人数でしたので、一部屋貸し切りです。くつろげる空間になりました。一階に一部屋8人。二階に二部屋6人×2=12人。計20人の小さなお蕎麦屋さんです。
 
 さてさて、いよいよお蕎麦です。
 私は今回はまずもりそば。ここでは「せいろ」を頼みました。ここの「せいろ」はつなぎ一割の蕎麦という事です。ここで何時もは大盛りを頼むところですが、今回は後で田舎蕎麦も頼もうと思いましたので、並の「せいろ」です。香りあり。並細の硬い麺。なかなか素敵な蕎麦です。更科と田舎蕎麦を両極とするなら、かなり田舎蕎麦に近い蕎麦でした。汁はやや辛口ですが濃くはありません。しかしあまり浸けすぎるのは麺に失礼かもしれません。いっきに平らげました。
 すぐに「田舎蕎麦(ここでは十割田舎と銘打っていました)」を頼みました。こちらは更に良い香り。「せいろ」よりは柔らかめ。こちらの方がより食感もよかったので、今回は「十割田舎」に軍配を上げます。お値段もこちらの方が高目です。
 
 女性陣が頼んだのは「蕎麦楽善」というお昼のコースものでした。前菜の盛り合わせや天ぷら、もちろんお蕎麦と来て、最後は抹茶とデザートです。こちらもずいぶん楽しんで食べていました。
 
 店の雰囲気(内装は日本的でしたがジャズが流れていました)、蕎麦の良さ、接客など総合的に素敵なお蕎麦屋さんでした。値段はメニューで見ていただければ判りますが、ちょっと高め。これは仕方のない所でしょう。管理人のお勧めは「十割田舎」です。
 さすが口コミでも良い評判だけの事はありました。

 
以下の写真はサムネールです。クリックすると大きな画像が見られます。
 
外観
 ちょっとそっけない建物です。

 
入口
 入口も前に立たないとよくわかりません。気をつけてください。

 
「せいろ」
 色の濃い蕎麦です

 
「せいろ」のアップ

 
「十割田舎」
 田舎蕎麦です

 
メニュー

 
「蕎麦楽善」の前菜盛り合わせ

 
「蕎麦楽善」の野菜の天ぷら

 
「蕎麦楽善」のデザートと抹茶

 
「蕎麦楽善」の別のデザート
 人参のシャーベット

 
汁の徳利Ⅰ
 器もなにげなく凝っています

 
汁の徳利Ⅱ

 
蕎麦湯の器Ⅰ

 
蕎麦湯の器Ⅱ